フラクタル心理カウンセラー 養成講座|フラクタル心理学協会

フラクタル心理学 - 自分を変える心理セミナーフラクタル心理学カウンセリング動画

フラクタル心理カウンセラー養成講座

7つの特徴

Point 1

フラクタル心理学に基づく心理分析、カウンセリング技術を学べる世界で唯一のスクール

私たちは、たくさんの信じ込みを持って生きています。それは時として、生きづらさや人生の可能性を制限してしまうこともありますが、自分の信じ込みに気づき、それを変えることは容易なことではありません。

カウンセリング(心理療法)の目的は、過去のトラウマから生じた信じ込みを外し、改めて新しい思考パターンを選択し、望む人生を創造していくことです。心を信じ込みの牢獄から解放することこそ、本物の「癒し」と言えます。

それを可能にするのが、フラクタル心理学(TAW理論)に基づく、高度な心理分析と修正法です。

フラクタル心理学では、「この世界は、時間も空間も、例外なく自分の意識がフラクタル構造で投影されたもの」と考えます。つまり、心を真に自由にするためには、一元論とフラクタル構造の理解がどうしても必要なのです。養成講座では、現象と心の関係を隅々まで学ぶことができます。

Point 2

個人のニーズにきめ細かく対応するステップアップ方式の採用

フラクタル心理カウンセラー養成講座は、社会に貢献できる心の専門家の育成を目的にしています。しかし、学問としてフラクタル心理学を究めたいという声も多く寄せられています。

そこで、養成講座では一人一人のニーズと成長に合わせて、ステップ毎に学んでいける体制を採用しています。ベーシックからプロフェッショナルへ、段階を踏みながら、体系的に「フラクタル心理学とカウンセリングのすべて」を学ぶことができます。
また、Step2修了後の資格登録も選択制です。担当講師と相談しながら、安心して学んでいくことができます。

Step1 ベーシック心理分析コース(4日間)

「なぜ、そうなるのか」という構造レベルから理論を学びなおすことで、全く新しい視点を手にいれます。カウンセラー目線で修正法を身に付けることで、今後も自立した人生を創造できるようになります。

※ベーシック心理分析コースは資格付与はありません。
※ベーシック心理分析コース修了後、希望者はStep2プロフェッショナル心理分析コースへ進むことができます。

Step2 プロフェッショナル心理分析コース(6日間)※資格取得コース

プロになるには、より広い視野を養いながら、できるだけ多くの事例と出会うことが大切です。高度な心理分析と、相談者と信頼関係を結ぶための人間力(共感力)が共存するカウンセラーを目指します。

※プロフェッショナル心理分析コース修了後、登録することで資格(Point3参照)を取得することができます。

Point 3

カウンセラー資格と心理学講師資格、ダブルで取得可能

プロフェッショナル心理分析コース修了後取得出来る資格は以下の通りです。

①フラクタル心理カウンセラー資格(3級)
※フラクタル心理カウンセラー3級資格は、協会認定講師の資格取得要件です。

②フラクタル心理学ショートプログラム講師資格
 ・教育心理コース「勉強が好きになる」
 ・人を変える魔法コース
 ・LDPコース
 ・ビジネスマインドコース
 ・バイオレットコース「60歳から始める健康をつくる誘導瞑想講座」(別途要件があります)

Point 4

揺るぎない心理分析能力を身に着ける

問題を解決に導くには、相談者の信じ込みを見抜かなくてはいけません。プロフェッショナル心理分析コースでは、45事例にも及ぶ開発者の心理分析(修正文)やカウンセリングを研究することができます。これは他に類を見ない事例数と言えます。本養成講座では、全5冊の書き下ろしテキストを使って、フラクタル心理学を具体的に使えるレベルへと引き上げていきます。

学習の初期の段階で、最高のお手本に接するメリットは計り知れません。量をこなすことで質に転化し、質が上がることでさらに効率良く問題を解決できるようになります。プラスの循環をつくることで、プロとして自信をもって仕事を始めることができるのです。

Point 5

卒業後も成長し続けられる仲間と充実のサポート体制

資格を取得したらおしまいではありません。そこからプロフェッショナルへの第一歩が始まります。資格取得後は、フラクタル心理学協会の一員として、全国にいる仲間とともに成長し続けることができます。

  • 協会主催のカウンセラー勉強会の提供  
  • カウンセラーのみ参加できるイベントや特別講座の提供   
  • SNSを使ったカウンセラー交流の場の提供   
  • カウンセラーとしてさらなる上位資格を目指すための講座の提供
    など
  • Point 6

    多方面で活躍できる人材の育成

    フラクタル心理学は、これまでの心理カウンセリングの範囲のみならず、医療・福祉、教育、産業(技術開発)、プライベート(結婚・子育て・離婚・生きがい)など、あらゆる分野で使うことができます。コンサルタントや講師業など、人に影響を与える職業をしている人にとっても非常に役立つ内容です。

    人や社会と接することなく人生を創造することはできません。だからこそ、脳の開発法に習熟することは、可能性の切符を手に入れることなのです。
    「バランスのとれた視点」と「世界の中心に立っている感覚」を養うことで、プロとして活躍できるようになります。

    Point 7

    カウンセラー自身が誰よりも幸福(充実した人生)になることを追求

    フラクタル心理学は一元論ですから、誰でも、自分の人生を幸福にする責任があると考えます。人の相談を受けるカウンセラーであればなおのこと、自分自身にもっと幸福を与えるべきです。養成講座で心のお掃除をしていくことで、自己肯定感が高まり、チャレンジが楽しくなります。すると、フラクタル心理学を実用的に使うことができるようになるのです。

    「人生とは何のためにあるか」「幸福とは何か」を徹底的に考えることで、カウンセリングの場でも相談者の未来の方向性がはっきりと見えてきます。

    講座内容

    充実したカリキュラムのごく一部をご紹介します。

    Step1 ベーシック心理分析コース

    使用テキスト
    Step1- 1  1.理論編 心理療法に必要なTAWの知識と分析法
    Step1- 2 2.実践編 誘導瞑想と修正のテクニック
    主な内容
    • TAWの世界
    • エネルギー収支という視点
    • 意図と意味づけ
    • 相似形と意味づけ
    • 相似形と法
    • フラクタル心理学から見た脳の発達
    • サル脳の特徴
    • 相談者の情報を読み取る
    • 相談者からのヒアリング
    • 分析ポイント
    • カウンセリングシート
    • 心を自由にする誘導瞑想
    • インナーチャイルド修正法の構造
    • 修正法図解
    • 修正文の構造
    • 一色真宇の個人セッション事例 他

    Step2 プロフェッショナル心理分析コース

    使用テキスト
    Step2- 1 3.事例研究編Ⅰ 一色真宇の心理分析&修正文解説集
    Step2- 2 4.事例研究編Ⅱ 一色真宇のカウンセリングルーム解説集
    Step2- 3 5.活動編 カウンセラーの心構えと活動のしかた
    主な内容
    • 33の心理分析事例と修正文
    • 12のカウンセリング事例と詳細な解説
      • 夫からお金をもらうには?
      • 自分の生徒が賞をとるには?
      • 夫が家事を手伝わないのは?
      • 仕事を頑張ると家庭を犠牲にする?
      • 親に抑圧されたトラウマは?
      • 嫌な上司から逃れるには
      • 結婚が長続きしないのは?
      • 人見知りを直すには?
      • 仕事でミスが多いのは?
      • 祖父母がいつもケンカするのは?
      • 40過ぎても結婚できないのは?
      • いつも不倫になるのはなぜ?
    • カウンセラーの成長
    • プロフェッショナルの条件
    • クレーム対応
    • 対面・電話・メールの特徴
    • あなたとフラクタル心理学との関係を強める
    • あなたを売り出す  他

    受講料・受講資格

    Step1 ベーシック心理分析コース

    受講料:150,000円(税抜)165,000円(税込)

    受講資格:フラクタル心理学 マスターコース中級第Ⅰ部修了以上

    ※ベーシック心理分析コース修了後、希望者は、継続してプロフェッショナル心理分析コースを受けることができます。ただし、その場合一括割引料金は適用されませんのでご注意ください。

    Step2 プロフェッショナル心理分析コース

    受講料:255,000円(税抜)280,500円(税込)

    受講資格:フラクタル心理学 マスターコース中級修了以上、Step1 ベーシック心理分析コース修了(全日受講)

    Step1&Step2を一括申込みされる場合は、お得な割引料金が適用されます。
    割引料金は、360,000円(税抜) 396,000円(税込)です。



    ・資格取得には、フラクタル心理学協会(年会費 6000円 税込)の入会が必要です。
    ・初年度3級登録料  22,000円(税込)(ショートプログラム講師登録料含む)
    ・資格は一年間有効。二年目以降の更新料は、11,000円(税込)です。
    ・バイオレットコース「60歳から始める健康をつくる誘導瞑想講座」は別途、年齢等の登録要件があります。

    マスターコースとカウンセラー養成講座との関係

    マスターコース入門・初級・中級、そして、フラクタル心理カウンセラー養成講座とステップ毎に学んでいきます。養成講座も2Stepで着実にステップアップすることができます。全体でフラクタル心理カウンセラー養成スクールとお考えください。

    マスターコース

    ①マスターコース入門~中級部分では、ご自分の人生を深く見ていくことを通して、現象化の仕組みを徹底的に学びます。私たちがいかに錯覚の中で生きていたかを体感し、人生を望む形に変える方法を学ぶことで、自分自身が最高に幸せになっていくことを目指します。これは他のカウンセラースクールとは一線を画する考えです。

    ②トータル10日間のカウンセラー養成講座部分では、カウンセラー視点から他人を変える技術と理論をしっかり学ぶことで、360度の視点を養います。そうすることで、心の専門家として自信をもって巣立つことができます。 進度にもよりますが、約半年〜1年で、世界の仕組みと自他の心の仕組みの全体像を学ぶことができます。

    講師紹介

    フラクタル心理学(TAW理論)に精通した一流の講師陣による、きめ細かな授業を全国で受けられます。

    メイン講師

    黒須圭子
    黒須圭子
    フラクタル心理学協会 主席講師 会長補佐
    プロフィール
    白鳥ますみ
    白鳥ますみ
    フラクタル心理学協会 主任講師
    プロフィール
    一吉 真由美
    一吉 真由美
    プロフィール

    教科担当講師

    牧野内直美
    橋本久美
    高橋治子
    諏訪智
    林浩子
    磯部夏代子

    説明会

    よくある質問

    Q.心理学を勉強したことがないのですが、ついていけますか?

    A.はい、大丈夫です。フラクタル心理学は、これまでの心理学ではなく、まったく新しい理論ですから、どのような人も一からスタートです。新しい学問のパイオニアになってください。

    Q.どんな人がどんな目的で受けていますか?

    A. プロのカウンセラーを目指す人はもとより、フラクタル心理学を研究したい人、フラクタル心理学講師を目指す人、人生の可能性を開きたい方、会社での人間関係、家族との関係をよりよいものにしたい人まで、老若男女あらゆる人に受講していただいています。フラクタル心理学は実用的な心理学ですから、人と接するすべての人にとって役立つものです。

    Q.カウンセラーに向いている人はどんな人ですか?

    A. 常に自分の知識や技術をブラッシュアップしていく向上心のある人、社会や人に関心をもち、共感する力のある人、人としての温かさ、忍耐力も必要です。これらは一朝一夕に身につくものではありませんが、カウンセリングを含めて、さまざまな体験を通して養うことができます。ですから、年をとればとるほど素晴らしいカウンセラーになっていけるのです。仕事、結婚、子育てなど、それまでの自分の経験を活かせる職業です。

    Q.カウンセラーになるつもりはないのですが受講できますか?

    A. はい。実はカウンセラーの能力は、身に着けておくとあらゆる職業に役立ちます。プロのカウンセラーになる人だけでなく、部下を持つ人、子育てをしている人などさまざまなタイプの受講生がいますので安心して勉強を開始してください。学んでいくうちに、確実にご自分の人生が変わるので、カウンセラーになる決意ができたという声もよく聞きます。

    Q.授業に欠席したらどうなりますか?

    A. 授業に欠席される場合、マスターコースは他の日時に振替が可能ですが、養成講座部分は、欠席した日の講義を動画視聴していただきます(有料)。ただし、欠席する場合は事前にお申し出ください。わからないところは担当講師がフォローしますので、安心して学んでいくことができます。

    Q.卒業後はどんな道がありますか?

    A. 独立してカウンセラー、セミナー講師として活躍できます。また、一定要件を満たせば、各地のフラクタル心理学の教室(ステーション)と契約して、カウンセラーやセミナー講師として活躍する道もあります。また、脳の使い方を学んだ後は、自分の仕事に応用して新しいビジネスを創るなど、可能性は無限大です。

    Q.カウンセリングとセラピーの違いは何ですか?

    A. 一般的に、セラピーは「療法」と呼ばれるように、癒しや回復を目的になされますが、両者の定義が明確に定まっているわけではありません。
    また、フラクタル心理カウンセリングは、一般的なカウンセリングやセラピーの概念を超えています。それは、「世界の構造」の知識に基づいて、相談者の問題を解決することを最大の目的としているからです。そのため、誘導瞑想をはじめ、相談者の状況に合わせ臨機応変に技術を使います。
    フラクタル心理学協会の定義では、心理療法(セラピー)と言うためには、深層意識に直接働きかける誘導瞑想の高度な知識と技術が必須と考えます。従って、フラクタル心理セラピストと正式に名乗りたい場合は、誘導瞑想に熟達していると認定されたフラクタル心理カウンセラー1級の資格を取得する必要があります。